メニュー

日光黒子(しみ)

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

30歳台から徐々に出現し、60歳以上では大多数の人に出現しています。紫外線を主な原因とします。大小様々な形の輪郭のはっきりした淡〜濃い茶色の円形の色素斑です。顔以外にも手から腕など紫外線のあたる場所に出現します。QスイッチレーザーやIPL(ライムライト、アキュチップ)で治療します。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME