メニュー

にきびの治療

にきびの治療思春期になり男性ホルモンが皮脂の分泌を増加させ同時に毛穴がふさがると脂がたまってしまいます。この中ににきび菌が繁殖し炎症をおこします。赤い丘疹や膿疱が生じますが、やがて瘢痕となってしまうことがあります。抗生剤、ビタミン剤内服、抗生物質軟膏を外用したり、毛穴のつまりを改善するアダパレン、過酸化ベンゾイルゲルを使用します。保険診療をおすすめしていますが。難治性の場合はサリチル酸マクロゴールピーリングをお勧めしています。赤味が強い場合はクリアタッチSをお勧めします。

クリアタッチS

クリアタッチS

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME